利益配分に関する方針

株主還元

生化学工業は、株主価値の向上を重要な経営課題の一つとして位置づけています。株主還元につきましては、中長期的な視点に立ち、安定的かつ継続的な配当を目指し、1株当たり年間26円を継続する方針です。また、今後の事業展開や総還元性向を勘案しながら、自己株式の取得を適宜検討していきます。

なお、平成29年3月期の期末配当につきましては、平成29年6月2日に当社が創立70周年を迎えるにあたり、株主の皆さまへの感謝の意を表するために、記念配当1株当たり5円を加え、普通配当1株当たり13円と合わせて18円となりました。これにより、年間配当は中間配当の13円と合わせて31円、配当性向は98.3%となりました。

過去の自己株式の取得状況

取得期間 取得株数 取得価額
 2016年7月1日~7月29日 20万株 332百万円
 2008年11月11日~11月27日 20万株 196百万円
 2008年5月15日~6月19日 50万株 551百万円
 2007年5月15日~7月24日 50万株 689百万円
 2005年8月4日~11月2日 46万株 562百万円

事業投資

株主の皆さまへの利益還元を充実させるとともに、研究開発や生産体制整備等の事業投資にバランスよく取り組むことで持続的成長の実現を目指します。