トップメッセージ

『グローバル・カテゴリー・ファーマ』としての発展を目指し、中期経営計画における重点戦略を着実に進めてまいります

 当社は、「生化学工業10年ビジョン」のもと、糖質科学に研究開発の焦点を絞り、国際競争力を確立する『グローバル・カテゴリー・ファーマ』としての発展を目指しています。この一環として、現在、「ACT for the Vision ~10年ビジョンの達成と更なる飛躍~」をキーコンセプトとする中期経営計画(2016年度~2018年度)のもと、各重点戦略に取り組んでいます。
 成長戦略の鍵となる開発テーマのSI-6603(*1)につきましては、申請中である日本において承認を得られるよう引き続き努力を尽くすとともに、米国における第Ⅲ相臨床試験で主要評価項目を達成できなかったことに対応し、最速で再試験を開始すべく準備を進めております。また、小野薬品工業株式会社と日本における共同開発及び販売提携契約を締結したSI-613(*2)につきましては、各適応症の臨床試験が進捗しており、早期に患者の方々にご使用いただけるよう注力してまいります。

 

*1 SI-6603:腰椎椎間板ヘルニア治療剤

*2 SI-613:変形性関節症及び腱・靭帯付着部症治療剤

株主価値の向上にむけて

『グローバル・カテゴリー・ファーマ』としての発展を通じ、株主価値の向上に努めるとともに、信頼を得続けられる経営を推進していきます。

 生化学工業は、今後も持続的な成長を通じて株主価値向上を目指し、高い信頼が得られるよう努めてまいります。

 株主の皆さまにおかれましては、引き続き、一層のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

2017年12月
代表取締役社長