トップメッセージ

中期経営計画の重点戦略を着実に推し進め、「10年ビジョン達成と更なる飛躍」の実現を目指します

 当社は、2009年3月に策定した「生化学工業10年ビジョン」のもと、糖質科学分野に研究開発の焦点を絞り、国際競争力を確立する『グローバル・カテゴリー・ファーマ』としての発展を目指しています。この一環として当期より「ACT for the Vision ~10年ビジョンの達成と更なる飛躍~」をキーコンセプトとする中期経営計画(2016年度~2018年度)に取り組んでいます。

4つの重点戦略として掲げる①「腰椎椎間板ヘルニア治療剤SI-6603の確実な進展」、②「変形性ひざ関節症市場におけるリーディングカンパニーとしての進化」、③「開発パイプラインの充実」、④「最適な生産・品質管理体制の追求」を推し進めることで、事業環境の厳しさをはねのけ、『グローバル・カテゴリー・ファーマ』として勝ち残り、更なる飛躍につなげていきます。
 なお、SI-6603につきましては、当期中の国内承認取得は厳しい状況にありますが、引き続き全社一丸となって努力してまいります。

株主価値の向上にむけて

『グローバル・カテゴリー・ファーマ』としての発展を通じ、株主価値の向上に努めるとともに、信頼を得続けられる経営を推進していきます。

 生化学工業は、今後も持続的な成長を通じて株主価値向上を目指し、高い信頼が得られるよう努めてまいります。

 株主の皆さまにおかれましては、引き続き、一層のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

2016年12月
代表取締役社長